2018年03月10日

ASUS X200LAのワイヤレスアダプタの交換

ASUS X200LAを長年使ってきた。X200シリーズですがLAはCore i3が搭載されている。HDDもSSDに交換済み。Windows10とUbuntuのデュアルブートにして使用。。

Core i3 4010U(Haswell)
1.7GHz/2コア
IEEE802.11b (11Mbps)
IEEE802.11g (54Mbps)
IEEE802.11n

asus_X200LA.jpg

残念なのはLinuxのUbuntuのバージョンアップにメーカーからのドライバーの提供がなくWifiが使えなくなった。
ワイヤレスアダプタは、MEDIATEK Model:MT7630E というものが載っていた。このメーカーは買収されたりして今は存在していないらしい。

x200LAN-2.jpg

x200LAN-1.jpg


仕方がないのでドライバーをあきらめてUSBドングルのWifiを挿して使用してきた。
最近、ノートパソコンでもワイヤレスアダプタを交換することができることに気がついた。
だめもとで交換にチャレンジする。アマゾンで、できるだけ汎用のワイヤレスアダプタを探した。
決めたのは、「インテル Intel Dual Band Wireless-AC 7260 デュアルバンド 2.4/5GHz 802.11ac 最大867Mbps + Bluetooth 4.0 PCIe Mini half 無線LANカード 7260HMW」というもの。購入時の価格が1枚2,680円。インテルなら安心だろう。

intel-1.jpg


X200LAのネジを解いて(一部のネジはクッション用のゴムに隠れている)プラスチックの筐体の隙間の噛み合わせを用心して外してゆき、キーボード部を持ち上げると右下にワイヤレスアダプタがカードスロットに差し込んである。細いアンテナ線も差してある。

x200-inner.jpg

ワイヤレスアダプタのカードを外したところ。
x200-inner-2.jpg

この古いカードを購入した7260HMWに差し替える。元々のアンテナ線の1番、2番をそのまま番号に合わせて接続する。アンテナ線がうまく差し込まれないと電波がでないので注意。Webの改造の紹介ではカードのピンを一部マスキングするなどの記事があるが今回は何もしなかった。

交換後にWindowsとUbuntuで接続を確認。acに対応なので650から850Mbps程度出るようになった。

windows-wifi-1.jpg

ubuntu-wifi-1.jpg

Bluetoothも動くようになった。

windows-b.jpg

ubuntu-b.jpg


posted by hibagonsan at 21:06| Comment(0) | 日記

2017年12月15日

Windows10でLibreOfficeのコマンドライン変換機能を使ってPDFを作成する。

LibreOffceのコマンドラインでの変換機能でPDFを作成する記事は多い。やってみたがWindowsではうまくいかなかった。いろいろ試して分かったこと。
コマンドラインのフルパス入力ではうまく動かなかった。
前もって、システムの環境変数のPASSにLibreOffce.exeのある場所のPathを登録しておく。
<手順>
「Windows」キーと「Pause/Break」を同時に押す。
「システムの詳細設定」をクリック。
「環境変数」をクリック。
○○のユーザー環境変数のPathを選んで「編集」をクリック
「参照」をクリック
LbreOfficeのありかを探して「OK」して登録を確認して再起動。
C:\Program Files\LbreOffice 5\program\ などです。

変換したいファイルがあるフォルダーにコマンドプロンプトから移動します。
D:
cd D:\test などの命令で移動。

よくあるPDF変換の例
soffice --headless --convert-to pdf abc.xslx (Linuxとかだと動くのでは)

windowsでは --convert-toではなくて -convert-to 「-」が1個少ない。(^_^;)

soffice -headless -convert-to pdf abc.xlsx がWindows10でのパラメータ指定でした。

よくアスタリスク指定の記事がみられますが、Windowsではうまく動きませんでした。
soffice -headless -convert-to pdf *.xlsx (変換しない)


posted by hibagonsan at 16:42| Comment(0) | LibreOffice

2017年11月19日

ubuntu17.10へFirefox Developer Edition インストール

以下の手順で ubuntu17.10 へ Firefox Developer Edition をインストールできました。

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install ubuntu-make

$ umake web firefox-dev

path を聞いてくるのでenter

言語を聞いてくるので ja と入力

メニューバー左下の「アプリケーションを表示する」で表示されればインストールされています。

posted by hibagonsan at 12:34| Comment(0) | Ubuntu

2017年10月05日

Termux上でPython関連のライブラリを入れる

AndoroidでLinux環境が使用できるTermuxで、Python3にpipを使ってnumpyを入れようとしていたが、コンパイルのエラーなどでどうしても入れることができなかった。
色々ググってなんとか環境構築に成功した。

メモを残しておく。

まず、UNIX環境(Ubuntu?)を入れる
andoroidのTermuxアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.termux&hl=ja

Termuxの環境API
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.termux.api&hl=ja

お好みで、Hacker's Keyboard も入れておきます。Ctlキーなどが使えます。
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.pocketworkstation.pckeyboard&hl=ja

termuxのブログのpipインストールの前に入れるデバイスの紹介より

一応入れておく
pkg install libjpeg-turbo-dev libjpeg-turbo-progs

ココからがPython環境の構築開始
pythonやコンパイラのインストール
apt install python python-dev clang fftw
python を入力してPython3が立ち上がればPython3の基本インストールが成功です。

Python3の入力コンソールからの終了(抜け出し)は、exit()、 quit()、 Ctrl+D などです。

◎リポジトリ登録によるnumpy追加方法
直接インストールしようとしてもclangの関係かエラーが出てインストールできない。
scipyをインストールするとnumpyも間接的に追加される。

scipy(numpy)のインストール

curlをインストール
pkg install curl

リポジトリの追加
curl -L https://its-pointless.github.io/setup-pointless-repo.sh | sh

pkg install scipy

○インストール成功 うまくいった
○python3のコマンドラインからのテストでnumpyのインポートと計算は動作した
動作チェック例
import numpy as np
x=np.sin(0.5)
print(x)
など

jupyter のインストール
apt install libzmq libzmq-dev
LDFLAGS=" -lm -lcompiler_rt" pip install jupyter
○インストールに成功

pandas のインストール
LDFLAGS=" -lm -lcompiler_rt" pip install pandas
○インストールに成功

matplotlibのインストール
apt install freetype freetype-dev libpng libpng-dev pkg-config
LDFLAGS=" -lm -lcompiler_rt" pip install matplotlib
○インストールは成功

○動作テスト
ipythonの実行
ipython
ipythonのコマンドラインになればOK

○ipythonは動作した。
△動作したが
matplotolib.pyplotがどうもうまく認識されない。残念。


jupyterの実行
jupyter notebook

○動作した
○firefoxにjupyterを起動したコマンドライン内に表示されたHTMLをコピペ入力してjupyterをさわる。

動作確認のスクリプト例
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt
x=np.arrange(-3,3,0.1)
y1,y2=np.sin(x),np.cos(x)
plt.plot(x,y1,x,y2)

matplotlib.pyplotも認識
きちんとプロット動作した。

Screenshot_20171007-082458.png
posted by hibagonsan at 10:16| Comment(0) | python

2017年10月02日

Firefox Quantum (ベータ版)へのアップデート。Ubuntu17.04

Firefox Quantum (ベータ版)へのアップデート。Ubuntu17.04
以下のリポジトリの追加でベータ版を使えました。

sudo add-apt-repository ppa:mozillateam/firefox-next
sudo apt-get update

posted by hibagonsan at 22:37| Comment(0) | Ubuntu