2017年12月15日

Windows10でLibreOfficeのコマンドライン変換機能を使ってPDFを作成する。

LibreOffceのコマンドラインでの変換機能でPDFを作成する記事は多い。やってみたがWindowsではうまくいかなかった。いろいろ試して分かったこと。
コマンドラインのフルパス入力ではうまく動かなかった。
前もって、システムの環境変数のPASSにLibreOffce.exeのある場所のPathを登録しておく。
<手順>
「Windows」キーと「Pause/Break」を同時に押す。
「システムの詳細設定」をクリック。
「環境変数」をクリック。
○○のユーザー環境変数のPathを選んで「編集」をクリック
「参照」をクリック
LbreOfficeのありかを探して「OK」して登録を確認して再起動。
C:\Program Files\LbreOffice 5\program\ などです。

変換したいファイルがあるフォルダーにコマンドプロンプトから移動します。
D:
cd D:\test などの命令で移動。

よくあるPDF変換の例
soffice --headless --convert-to pdf abc.xslx (Linuxとかだと動くのでは)

windowsでは --convert-toではなくて -convert-to 「-」が1個少ない。(^_^;)

soffice -headless -convert-to pdf abc.xlsx がWindows10でのパラメータ指定でした。

よくアスタリスク指定の記事がみられますが、Windowsではうまく動きませんでした。
soffice -headless -convert-to pdf *.xlsx (変換しない)


posted by hibagonsan at 16:42| Comment(0) | LibreOffice

2017年11月19日

ubuntu17.10へFirefox Developer Edition インストール

以下の手順で ubuntu17.10 へ Firefox Developer Edition をインストールできました。

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install ubuntu-make

$ umake web firefox-dev

path を聞いてくるのでenter

言語を聞いてくるので ja と入力

メニューバー左下の「アプリケーションを表示する」で表示されればインストールされています。

posted by hibagonsan at 12:34| Comment(0) | Ubuntu

2017年10月05日

Termux上でPython関連のライブラリを入れる

AndoroidでLinux環境が使用できるTermuxで、Python3にpipを使ってnumpyを入れようとしていたが、コンパイルのエラーなどでどうしても入れることができなかった。
色々ググってなんとか環境構築に成功した。

メモを残しておく。

まず、UNIX環境(Ubuntu?)を入れる
andoroidのTermuxアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.termux&hl=ja

Termuxの環境API
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.termux.api&hl=ja

お好みで、Hacker's Keyboard も入れておきます。Ctlキーなどが使えます。
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.pocketworkstation.pckeyboard&hl=ja

termuxのブログのpipインストールの前に入れるデバイスの紹介より

一応入れておく
pkg install libjpeg-turbo-dev libjpeg-turbo-progs

ココからがPython環境の構築開始
pythonやコンパイラのインストール
apt install python python-dev clang fftw
python を入力してPython3が立ち上がればPython3の基本インストールが成功です。

Python3の入力コンソールからの終了(抜け出し)は、exit()、 quit()、 Ctrl+D などです。

◎リポジトリ登録によるnumpy追加方法
直接インストールしようとしてもclangの関係かエラーが出てインストールできない。
scipyをインストールするとnumpyも間接的に追加される。

scipy(numpy)のインストール

curlをインストール
pkg install curl

リポジトリの追加
curl -L https://its-pointless.github.io/setup-pointless-repo.sh | sh

pkg install scipy

○インストール成功 うまくいった
○python3のコマンドラインからのテストでnumpyのインポートと計算は動作した
動作チェック例
import numpy as np
x=np.sin(0.5)
print(x)
など

jupyter のインストール
apt install libzmq libzmq-dev
LDFLAGS=" -lm -lcompiler_rt" pip install jupyter
○インストールに成功

pandas のインストール
LDFLAGS=" -lm -lcompiler_rt" pip install pandas
○インストールに成功

matplotlibのインストール
apt install freetype freetype-dev libpng libpng-dev pkg-config
LDFLAGS=" -lm -lcompiler_rt" pip install matplotlib
○インストールは成功

○動作テスト
ipythonの実行
ipython
ipythonのコマンドラインになればOK

○ipythonは動作した。
△動作したが
matplotolib.pyplotがどうもうまく認識されない。残念。


jupyterの実行
jupyter notebook

○動作した
○firefoxにjupyterを起動したコマンドライン内に表示されたHTMLをコピペ入力してjupyterをさわる。

動作確認のスクリプト例
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt
x=np.arrange(-3,3,0.1)
y1,y2=np.sin(x),np.cos(x)
plt.plot(x,y1,x,y2)

matplotlib.pyplotも認識
きちんとプロット動作した。

Screenshot_20171007-082458.png
posted by hibagonsan at 10:16| Comment(0) | python

2017年10月02日

Firefox Quantum (ベータ版)へのアップデート。Ubuntu17.04

Firefox Quantum (ベータ版)へのアップデート。Ubuntu17.04
以下のリポジトリの追加でベータ版を使えました。

sudo add-apt-repository ppa:mozillateam/firefox-next
sudo apt-get update

posted by hibagonsan at 22:37| Comment(0) | Ubuntu

2016年12月01日

LibreOfficeのWindows版をパラレルインストールする。


LibreOfficeのバグ取り用にアルファー版のKeyIDを残したいので、Windows版のパラレルインストールを調べてみました。
Separate Install GUIというインストールツールが公開されていました。
https://wiki.documentfoundation.org/SI-GUI

このページのリンクから、Separate Install GUI をダウンロードできます。
古いバージョンから新しいバージョンまでのリストを取得してくれます。
インストールするフォルダーにProgramFilesを指定すると権限がないというエラーが出ました。
別途インストールフォルダーをつくる必要があります。サブフォルダーの名前は自動で入るので特に自分で指定する必要はありません。

ダウンロードが引っかかったりするのがイマイチですが、自分の好きなフォルダーにインストールしてショートカットを作成してくれました。

ScreenClip.png
posted by hibagonsan at 08:07| Comment(0) | LibreOffice