2018年03月10日

ASUS X200LAのワイヤレスアダプタの交換

ASUS X200LAを長年使ってきた。X200シリーズですがLAはCore i3が搭載されている。HDDもSSDに交換済み。Windows10とUbuntuのデュアルブートにして使用。。

Core i3 4010U(Haswell)
1.7GHz/2コア
IEEE802.11b (11Mbps)
IEEE802.11g (54Mbps)
IEEE802.11n

asus_X200LA.jpg

残念なのはLinuxのUbuntuのバージョンアップにメーカーからのドライバーの提供がなくWifiが使えなくなった。
ワイヤレスアダプタは、MEDIATEK Model:MT7630E というものが載っていた。このメーカーは買収されたりして今は存在していないらしい。

x200LAN-2.jpg

x200LAN-1.jpg


仕方がないのでドライバーをあきらめてUSBドングルのWifiを挿して使用してきた。
最近、ノートパソコンでもワイヤレスアダプタを交換することができることに気がついた。
だめもとで交換にチャレンジする。アマゾンで、できるだけ汎用のワイヤレスアダプタを探した。
決めたのは、「インテル Intel Dual Band Wireless-AC 7260 デュアルバンド 2.4/5GHz 802.11ac 最大867Mbps + Bluetooth 4.0 PCIe Mini half 無線LANカード 7260HMW」というもの。購入時の価格が1枚2,680円。インテルなら安心だろう。

intel-1.jpg


X200LAのネジを解いて(一部のネジはクッション用のゴムに隠れている)プラスチックの筐体の隙間の噛み合わせを用心して外してゆき、キーボード部を持ち上げると右下にワイヤレスアダプタがカードスロットに差し込んである。細いアンテナ線も差してある。

x200-inner.jpg

ワイヤレスアダプタのカードを外したところ。
x200-inner-2.jpg

この古いカードを購入した7260HMWに差し替える。元々のアンテナ線の1番、2番をそのまま番号に合わせて接続する。アンテナ線がうまく差し込まれないと電波がでないので注意。Webの改造の紹介ではカードのピンを一部マスキングするなどの記事があるが今回は何もしなかった。

交換後にWindowsとUbuntuで接続を確認。acに対応なので650から850Mbps程度出るようになった。

windows-wifi-1.jpg

ubuntu-wifi-1.jpg

Bluetoothも動くようになった。

windows-b.jpg

ubuntu-b.jpg


posted by hibagonsan at 21:06| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: