2016年04月17日

Fujitu ScanSnap FI-IX100 iX100 ubuntu15.10 での動作を確認。

ハンディースキャナのiX-100とubuntuでWebを検索するとSANEを使ってとコマンドラインからのインストール手順があった。その手順に従ってインストールしてみたがリポジトリエラーが発生してうまくいかなかった。

もしかしてソフトウエアセンターにあるかもとスキャナで検索すると「XSane 画像スキャンプログラム」というソフトウエアがあったのでインストールしてみた。
USBをきちんとケーブルで接続して起動してみるとIX100を認識してくれた。
解像度を300にして「スキャン」ボタンを押すとうまくスキャニングできた。
画像の回転等を行いPNGなどで保存できた。
posted by hibagonsan at 22:36| Comment(0) | Ubuntu

2015年05月01日

Ubuntu15.04 libtiff4のインストール とCanon複合機の設定

Canonのプリンターをインストールするのに必要なlibtiff4が15.04にないので14.04のライブラリーから持ってくる。
https://launchpad.net/ubuntu/trusty/amd64/libtiff4/3.9.7-2ubuntu1
ソフトウエアセンターでインストールできた。

CanonのLinux debのインストールではGhostscriptのインストールの手順がdebのページに振ってあるがその手順に従うとインストールができなかった。記述が古く、公開鍵がないとか色々エラーが出る。
他の方法を調べると簡単にGhostscriiptがインストールできた。
ただ単純に端末から
sudo apt-get install ghostscript
するだけ。

canon linux deb を入れcupsも稼動しているのだがテストプリントがうまくいかず、数行の文字が出るのみ。
ドライバのReadmeをだらだらと読んでいるとこのように記述されていた。

(以下Readmeより)
- Ubuntu 64bit環境には、印刷に必要な32bitライブラリがすべて入っていません。
印刷を行う前に以下のコマンドを実行して、32bitライブラリパッケージをインストー
ルしてください。
# apt-get install ia32-libs
# apt-get install libjpeg62:i386

# apt-get install libxml2:i386
# apt-get install libjpeg62:i386
# apt-get install libstdc++6:i386

これをインストールするとちゃんとテストプリントが出力されるようになった。
cupsの可動は、CUPS管理ページ( http://localhost:631/ )でチェックするとよい。
posted by hibagonsan at 13:39| Comment(0) | Ubuntu

Ubuntu15.04で部分アップグレードに引っかかった。

Ubuntu15.04にアップグレードした後に、ソフトウエアの更新をすると「部分アップグレード」の要求が出るようになった。しかし、何度やっても「Error authenidcating some packages」なるエラーが発生。

Screenshot from 2015-05-01 10:10:54.jpg

何度も再起動したり、またコマンドラインからもリポジトリの再構築を行ったがエラーの連発。
ついに、ソフトウエアとアップデートの設定でサードパーティーのチェックを外すとエラーが出なくなることが分かった。私の場合は、「Debianの安定版 公式なサポート対象 フリーでないものに依存奸計のあるDFSG適応ソフトウエア DFSGに適合しないソフトウエア」のチェックを外すとエラーが出なくなった。

Screenshot002.png

日本語サイトには解決方法が見つからなかったので記録を残しておく。
再インストールしようかとまで思ったのだが、簡単に解決できた。
posted by hibagonsan at 10:54| Comment(0) | Ubuntu

2014年11月25日

ubuntu14.10へAudio Recorderをインストールした。

自宅のデスクトップのUbuntu14.10にClementineというストリーミング再生ソフトを入れてJapanポップなどを聞いていたが音質も良いしミュージシャンの経歴紹介や写真が見れたりなかなかよい感じです。
VLCのように録音できないか調べてAudioRecorderという録音ソフトをインストールした。

コマンドラインから以下を入力。
sudo add-apt-repository ppa:osmoma/audio-recorder
sudo apt-get update
sudo apt-get install audio-recorder

私はAdditional settingsでMP3(44khz)にして録音している。
Timerで自動起動、再生のタイミングが設定できる。
今は以下の設定にしている。
start if voice 0.3
stop fi silence 4s 20%

できたファイルをAudacityという波形編集ソフトで切り貼りしている。
それをiTunesで読み込みiPodで車で再生して使う。
posted by hibagonsan at 00:07| Comment(0) | Ubuntu

2014年11月24日

ubuntu14.10にプリンターMG6330をインストールする。

MG6330を14.10へインストールする。最初は電源を切っておく。
キャノンのLinuxダウンロードページからdebianパッケージ(HTTPダウンロード)からダウンロードする。

プリンターとスキャナがある。
http://cweb.canon.jp/drv-upd/ij-mfp/linux-pd-mg6330-380.html
http://cweb.canon.jp/drv-upd/ij-mfp/linux-sd-mg6330-200.html
deb版を「プログラムを開く file-roller」 などで好きなところに「展開」(解凍)する。
フォルダー名は長いので名前を変えておくとコマンドラインでの入力がしやすい。

このままではインストールがうまく行かない。インストーラーが古いのだ。
libtifff4が無いというエラーが出てしまう。

さらに、13.04では、libtiff4をaptで追加するだけでうまくいったのだが、14.04からはlibtiff5にubuntuパッケージが変わっているようでそのままでは追加できない。

libtiff4(64)パッケージをダウンロードする。
https://launchpad.net/ubuntu/trusty/amd64/libtiff4/3.9.7-2ubuntu1

ダウンロードしたファイルはソフトウェアセンターでインストール。

ターミナルからプリンターやスキャナのパッケージを解凍したフォルダーのinstall.shのところまで階層を下がりインストールする。
sudo ./install.sh
表示に従い、電源を入れたり、USBを選択したりしてインストールをすすめ完了する。

スキャナも同様にスキャナのダウンロードファイルに移動してインストールする。
スキャナに対応しているソフトと対応していないソフトがあるので注意。
GIMPは対応しているのでスキャナがうまく動くか試すと良い。

印刷システムCUPSが認識していないとかエラーが出る場合はUbuntuの再起動を試す。
直接CUPSで再登録する場合のWebからの操作はURL欄に
http://localhost:631/
を入力して ユーザー名とパスワードまたはrootと入力。
Cannon MG6330が登録されているかチェックする。
追加する場合に選択するドライバはCannon MG6330(en)ではない。
メーカーとモデル欄がCanon MG6300 series Ver.3.80と表示されていない場合は違うドライバーが選択されている可能性があるので注意。

posted by hibagonsan at 14:11| Comment(0) | Ubuntu