2014年12月08日

LibreOffficeのユーザープロファイル破損のリセット

LibreOffic4.4.0.0.betaのテストを実施している。
LibreOfficeダイアログの追加を行ったところダイアログの幅が以上に大きくなり、ドラッグしても幅を狭くできない症状が発生した。

LibreOfficeダイアログを表示する方法。
「ツール」「オプション」「LibreOffice」「全般」にある、”「開く」ダイアログと「保存」ダイアログ”のチェックを入れてからファイルを開く。

Bugzillaにバグとして投稿してみたところユーザープロファイルの破損の可能性を示唆された。
修復方法のリンクを提示された。
https://wiki.documentfoundation.org/Documentation/UserProfile#Resetting_the_User-Profile

<ユーザープロファイルの修復のためのリセット方法について概略をメモする。>
(Windowsの場合)

1.LibreOfficeのパスを確認。
「ツール」「オプション」「LibreOffice」「パス」で表示する。
C:\Users\( )\AppData\Roaming\LibreOffie\4\*** などと表示される。
「¥4」の所のリネームによってリセットを行うのでパスをよく確認。

2.LibreOfficeを完全に終了する。
LibreOfficeを単に終了しただけでは、プロセスが裏で動いている可能性があるので、タスクマネージャーを起動して、LibreOfficeの全てのプロセスを一旦終了させる。
タスクマネージャーの起動は、Ctrl+Alt+Delete などで行う。

2.エクスプローラの隠しファイルを表示に変更
・Windows7は、エクスプローラーの「ツール」「フォルダーオプション」に隠しファイルの表示があるのでチェックする。
・Windows8は、エクスプローラーの「表示」の ”隠しファイル”にチェック。

3.「1」で確認したフォルダーを下がり、「\4」のところの「4」のフォルダー名をリネームする。
(例) C:\Users\( )\AppData\Roaming\LibreOffie\20141231\***

4.LibreOfficeを起動する。

タグ:LBO4
posted by hibagonsan at 09:20| Comment(0) | LibreOffice

2014年12月03日

LibreOffice拡張機能 TeXMathsの紹介

先日、九州LibreOffice勉強会に参加して「LibreOffice拡張機能 TeXMathsの紹介」という題でネタ発表をしました。
http://connpass.com/event/9723/presentation/

SlideShareはこちら
http://www.slideshare.net/hibagonsan/20141124a-te-xmaths-42285088

LibreOffice拡張機能のTeXMathsは、文書の中にSVG画像として数式を入れれるのでTeX書式の一部を覚えれば簡単に綺麗な数式を扱うことができるようになります。再編集もできます。

<Ubuntuのインストール方法は、apt-getを使います。>
TexLiveをインストール
  sudo apt-get install texlive
dvipng をインストール
  sudo apt-get install dvipng
dvisvgmをインストール
  ☆http://roland65.free.fr/texmaths/dvisvgm_1.0.8-1rb_i386.deb
  ★dvisvgmはこちらでも入る。オススメ
    sudo apt-get install texlive-extra-utils
TexMathsの拡張機能をインストール
  拡張機能マネージャーでTexMaths-*.*.oxt を追加します。
  最新版はこちらからダウンロードできます。
  http://sourceforge.net/projects/texmaths/files/
WiterやImpresなどのツールバーからTexMathsを選びます。
posted by hibagonsan at 11:30| Comment(0) | LibreOffice

2014年11月25日

ubuntu14.10へAudio Recorderをインストールした。

自宅のデスクトップのUbuntu14.10にClementineというストリーミング再生ソフトを入れてJapanポップなどを聞いていたが音質も良いしミュージシャンの経歴紹介や写真が見れたりなかなかよい感じです。
VLCのように録音できないか調べてAudioRecorderという録音ソフトをインストールした。

コマンドラインから以下を入力。
sudo add-apt-repository ppa:osmoma/audio-recorder
sudo apt-get update
sudo apt-get install audio-recorder

私はAdditional settingsでMP3(44khz)にして録音している。
Timerで自動起動、再生のタイミングが設定できる。
今は以下の設定にしている。
start if voice 0.3
stop fi silence 4s 20%

できたファイルをAudacityという波形編集ソフトで切り貼りしている。
それをiTunesで読み込みiPodで車で再生して使う。
posted by hibagonsan at 00:07| Comment(0) | Ubuntu

2014年11月24日

ubuntu14.10にプリンターMG6330をインストールする。

MG6330を14.10へインストールする。最初は電源を切っておく。
キャノンのLinuxダウンロードページからdebianパッケージ(HTTPダウンロード)からダウンロードする。

プリンターとスキャナがある。
http://cweb.canon.jp/drv-upd/ij-mfp/linux-pd-mg6330-380.html
http://cweb.canon.jp/drv-upd/ij-mfp/linux-sd-mg6330-200.html
deb版を「プログラムを開く file-roller」 などで好きなところに「展開」(解凍)する。
フォルダー名は長いので名前を変えておくとコマンドラインでの入力がしやすい。

このままではインストールがうまく行かない。インストーラーが古いのだ。
libtifff4が無いというエラーが出てしまう。

さらに、13.04では、libtiff4をaptで追加するだけでうまくいったのだが、14.04からはlibtiff5にubuntuパッケージが変わっているようでそのままでは追加できない。

libtiff4(64)パッケージをダウンロードする。
https://launchpad.net/ubuntu/trusty/amd64/libtiff4/3.9.7-2ubuntu1

ダウンロードしたファイルはソフトウェアセンターでインストール。

ターミナルからプリンターやスキャナのパッケージを解凍したフォルダーのinstall.shのところまで階層を下がりインストールする。
sudo ./install.sh
表示に従い、電源を入れたり、USBを選択したりしてインストールをすすめ完了する。

スキャナも同様にスキャナのダウンロードファイルに移動してインストールする。
スキャナに対応しているソフトと対応していないソフトがあるので注意。
GIMPは対応しているのでスキャナがうまく動くか試すと良い。

印刷システムCUPSが認識していないとかエラーが出る場合はUbuntuの再起動を試す。
直接CUPSで再登録する場合のWebからの操作はURL欄に
http://localhost:631/
を入力して ユーザー名とパスワードまたはrootと入力。
Cannon MG6330が登録されているかチェックする。
追加する場合に選択するドライバはCannon MG6330(en)ではない。
メーカーとモデル欄がCanon MG6300 series Ver.3.80と表示されていない場合は違うドライバーが選択されている可能性があるので注意。

posted by hibagonsan at 14:11| Comment(0) | Ubuntu

2014年11月04日

ASUS X200LA SSD換装

ASUS X200LAを購入した。
11.6インチ。core i3 4010U(Haswell)1.7GHz/2コア。メモリ4G。HDD500G。Win8.1 64ビット。Webカメラ。HDMI端子。VGA端子。Bluetooth。USB3.0。1.2kg。で498。

しかし、これにはリカバリディスクもなにもない。マニュアルを見ても記述もない。バックアップアプリも初期では登録されていない。

まずは、Windows8.1の標準機能で回復ディスク作成でブータブルUSBメディアを作成して換装を試みた。回復の動作が始まったのでOKと思いきや、パーティーションの変更がクリックできない。容量が足りないと表示されて動作が進行しない。500GBのHDDを250GBのSSDにしようとしたからうまくいかなかったようだ。パーティーションの縮小などをしてから行わないとWindowsの回復ディスクからは無理なのかもしれない。

次に、ASUSのサービスのダウンロードを調べてみた。
X200LAのダウンロードページ
http://www.asus.com/jp/supportonly/X200LA/HelpDesk_download/

ちゃんとバックアップソフトが公開されていました。Windows8.1 64bit を選択して、ユーティリティから
ASUS Backtracker (ASUS Backtracker helps you to back up and recover your system's settings)
をダウンロードして実行した。
バックアップとアプリのバックアップ両方をブータブルUSBにして取り込むことができた。
このブータブルUSBにて簡単にWindows8.1をSDDに再インストールすることができた。

ubuntuとのデュアルブートにはもう一手間必要だ。
posted by hibagonsan at 10:35| Comment(0) | Ubuntu